「おっぱいを大きくしたい…」、そんな切なる女性の悩みを当サイトが解決します。今の時代、バストアップは努力することで可能です。口コミで人気の、おすすめバストアップサプリ、ブラ、クリーム、ジェルなどを比較して紹介。自信が持てるようになったおっぱいで、気になる男性のハートを狙い撃ち!

乳首の黒ずみ、リップクリームで改善、解消できる噂は本当なのか?


乳首の黒ずみを解消する方法で、「リップクリームを塗る」という話を聞いたことはないでしょうか。

にわかに信じがたい話ですが、それを実践した人もいると思います。

ですが、それはあまりおすすめできません。

その理由についてお話していきたいと思います。

リップクリームにあるのは保湿効果のみ

唇の乾燥を予防する効果があるリップクリームを、乳首に塗ったら肌が潤い、黒ずみを解消出来るとネットで噂になっています。

確かにリップクリームは保湿効果があり、安価で大半の女性が所有しているので、黒ずみが解消出来れば非常にメリットが多いと言えます。

しかし実際には、乳首にリップクリームを塗っても、多少は保湿効果はあっても乳首の黒ずみが改善することはありません。

何故なら、乳首の黒ずみの原因はメラニン色素の沈着だからです。

メラニン色素の沈着は美白効果がある専用のクリームを使用しなければ、改善することはできないです。

リップクリームを乳首に塗るとスースーするのは何故?

リップクリームの中にはメントールが配合されている商品があります。

メントールには消炎、鎮痛作用があり、唇を外気、冬の乾燥から防ぐ効果が期待されます。

ちなみに、メントールとはシソ科の植物の、セイヨウハッカの葉の部分に多く含まれている成分で、香料として有用なのでリップに使用されている商品は多いと言えます。

ですから、メントールが配合されたリップを乳首に塗ると「スースーする」というような感覚があります。

乳首など、肌がピンク色のパーツは、皮膚が薄く敏感なので、本来の使用方法とは異なる用途でリップクリームを使用するのは止めて下さい。

続けていると、ヒリヒリして肌トラブルの原因となる恐れがあります。

塗り過ぎると摩擦により逆効果

リップクリームを乳首に塗る場合、スティックタイプの商品が大半なので当然、リップクリームを乳首に押し当てグルグル回して塗ることになります。

乳首の黒ずみの原因は摩擦によるメラニン色素の沈着である可能性もあります。

リップクリームは塗る時に、どうしても乳首に摩擦と刺激を与えてしまいます。

また黒ずみを改善する為には1回塗って終わりという訳ではなく毎日塗る必要があります。

つまり乳首の黒ずみを改善する為にリッククリームを塗っているのに、逆効果になっているケースは少なくありません。

保湿効果だけでは黒ずみは改善されないので、乳首にリップクリームを塗ることは避けた方がいいでしょう。
 

噂はあくまでも噂です

結論から述べると、乳首にリップクリームを塗っても黒ずみを改善することは出来ません。

メントールが配合されているリップクリームの場合はスースーする事がありますし、保湿効果はありますが、美白成分が含まれていないので黒ずみ解消の根本的な効果はないと言えます。

それどころかスティックタイプのリップを乳首に塗る時に刺激を与えたり、摩擦が生じてしまい、逆効果になってしまう恐れがあるので、乳首にリップクリームは塗らないようにしましょう。

乳首訴求

(Visited 7 times, 1 visits today)

公開日:2017年3月23日

 - 乳首の黒ずみにお悩みの方へ