「おっぱいを大きくしたい…」、そんな切なる女性の悩みを当サイトが解決します。今の時代、バストアップは努力することで可能です。口コミで人気の、おすすめバストアップサプリ、ブラ、クリーム、ジェルなどを比較して紹介。自信が持てるようになったおっぱいで、気になる男性のハートを狙い撃ち!

ピーリングで乳首の黒ずみは解消できる?


乳首の黒ずみにお悩みの女性が少なくありません。中にはピーリングで黒ずみを消せるのでは?と乳首にピーリングを試そうとする方がいるかもしれませんが、間違ったケア方法は黒ずみを酷くしてしまうことがあるので注意が必要です。

ここでは、ピーリングで乳首の黒ずみは解消できるかどうかを見ていきたいと思います。

乳首の黒ずみ、リップクリームで改善、解消できる噂は本当なのか?

乳首をピーリングするとは一体何?

ピーリングとは、厚くなった角質を取り除くケア方法で、角質を取り除くことで皮膚のターンオーバーが促されるのを期待することができます。

ピーリングが肌の黒ずみに良いと言われているのは、古い角質内のメラニン色素の排出を促すことで新しい肌との入れ替わりがサポートされるからです。

しかし乳首は、その他の皮膚と違って薄くてデリケートな部分なのでピーリングをすると皮膚がヒリヒリするなど刺激を感じたり、炎症を起こす場合があり、黒ずみが酷くなることもあるので十分な注意が必要なのです。

乳首をピーリングする方法と効果について

ピーリングには、酸の成分によるケミカルピーリングとスクラブによるピーリングがあります。

酸の成分にはフルーツ酸・乳酸・グリコ―ル酸などがあり、ケミカルピーリングはこれらの成分を皮膚に塗ることで古い角質を溶かします。

スクラブにはジェルスクラブ・ソルトスクラブ・クリームスクラブなどがあり、スクラブで皮膚の表面を擦ることで角質を剥がします。

乳首はとてもデリケートな部分なので、刺激が強いピーリングはやめておいた方が良いでしょう。

また、市販のピーリングは乳首などのデリケートな部分をピーリングするのに適していないので、できれば美容クリニックで肌の状態に合わせたピーリングすると良いでしょう。

クリニックでのケミカルピーリングにはグリコール酸(AHA)やサリチル酸マクロゴールなどが使用されます。

弱い薬剤から使用して少しずつ薬剤を強めていきますが、一定の間隔をあけてケアを続けていき10回くらいのケアが必要となることもあります。

乳首をピーリングすることのデメリット

ピーリングのケアは角質が厚くなっている部分には効果を発揮しますが、乳首のように薄い皮膚の部分には刺激が強すぎるのです。

市販のピーリング製品は購入しやすい価格で、一見すると自分で手軽にケアできそうですが、市販のものは通常の皮膚に使用する製品なのでデリケートな乳首のケアには向きません。

また、美容クリニックでのピーリングは適切なケアができるかもしれませんが、1回の料金の相場が使用する薬剤によって6000円~10000円ほどかかる場合があるので高額な費用がかかることがあります。

トータルで考えた場合、乳首にピーリングケアはおすすめできないという結論に達してしまいますね。

乳首訴求

(Visited 8 times, 1 visits today)

公開日:2017年3月27日

 - 乳首の黒ずみにお悩みの方へ