「おっぱいを大きくしたい…」、そんな切なる女性の悩みを当サイトが解決します。今の時代、バストアップは努力することで可能です。口コミで人気の、おすすめバストアップサプリ、ブラ、クリーム、ジェルなどを比較して紹介。自信が持てるようになったおっぱいで、気になる男性のハートを狙い撃ち!

バストアップに不可欠な女性ホルモンを活発にさせる3つのツボ


バストアップしたいなら大胸筋を鍛えてバストの土台を作っていく事も大切ですが、女性らしい体を生成していく女性ホルモンの分泌量を増やしていく事も重要になってきます。

女性ホルモンの分泌量を増やしていくには、食事でしっかり栄養素を摂取する事が大切ですが、女性ホルモンを活発にさせるツボを刺激する事でも、女性ホルモンの分泌量を増やしていく事が出来ます。

そこで、バストアップに不可欠な女性ホルモンを活発にさせるツボについてお話したいと思います。

壇中(だんちゅう)

女性ホルモンを活発にさせるツボで、まず挙げられるのが、壇中というツボです。

壇中は左右の乳首を結んだ線の真ん中に位置する部分で、指で押してみると少し痛みを感じるのですぐ分かります。

壇中の押し方は最初は軽く押して、徐々に強く押すような感じで刺激を与えていきます。

しかし、強く押し過ぎてしまうと痛いので、適度な強さで刺激を与えていくようにしましょう。

壇中に刺激を与えると女性ホルモンが活発になり、分泌量を増やしていく事が出来ます。

バストアップの効果はもちろんですが、肌の状態を整える事も出来るので、美乳効果も期待出来ます。

渕腋(えんえき)

渕腋は血行を良くしてくれるツボで、乳首から少し外側に位置しています。

渕腋は親指でゆっくり押して刺激を与えていきましょう。

左右同時に刺激を与えていき、少し痛みを感じたら止めるような感じで繰り返していきます。

渕腋に刺激を与えると、血行を良くしてくれるので、体に必要な栄養素が全身に行き渡りやすくなります。

それにより女性ホルモンも活発になって分泌量が増えていきます。

バストアップ効果はもちろんですが、血行が良くなるので、ハリも出てきて若々しいバストを保ち続ける事ができます。

天渓(てんけい)

天溪は乳腺を発達させるツボで、乳首の外側で同じ高さに位置しています。

天溪は親指で内側に向かって押すことで刺激を与えられます。

その刺激が乳腺を発達させる効果が期待できます。

また乳腺を発達させると、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量も多くなるので、効率良くバストアップすることも可能です。

女性ホルモンを活発にさせるツボは壇中、渕腋、天渓とあるので、お風呂上りなど、日常生活の中で、押して刺激を与えるといいでしょう。

毎日、刺激を与え続けていけばバストアップ効果も期待出来ます。

(Visited 7 times, 1 visits today)

公開日:2017年5月2日

 - バストアップのためのツボを知ろう